セールス

青木 菜奈

人生を変えた創業者との出会い

 以前は人材派遣の会社で働いていました。派遣の仕事でしたので求職者の方に対して仕事をすることが多かったのですが、ふと「私のやりたいことってなんだろう」と考えたときに、法人に対しての営業がしたい、と思うようになり転職を決めました。しかし、どこの会社の選考に行っても、業務や部署の話ばかりで、転職活動そのものに不満を感じていました。ましてや社長が出てきたり、強くビジョンを語られるということは全くなかったと記憶しています。

 しかし、Giveryは違いました。社長の井手との面接で会社への愛を強く感じ、熱意を持って話す姿に惹かれました。
彼と一緒に働いている人はいい意味で変わった人たちに違いないと感じて、そのような人たちと働けることは面白いと思い、入社への意思決定をしました。

思いを売ることそれがセールスの本質

 Giveryに入社する前、営業は「他社の方と話すこと」だと思っていました。しかし、実際は自社で作っている思いを込めた商品を提供し、先方のやりたいことを叶える事がセールスの仕事だと、入社してから気づきました。

 自社開発の商品として、SYNALIOとtrackがあります。自社のエンジニアが想いを込めて作っている商品を売れることは、Giveryならではの営業だと思います。しかし、売れなければ良質な商品の価値を届けられることができません。それに、商品を買っていただいて始めて利益が生まれ、その利益で次の投資や社内の人件費など、すべてが賄われているのです。そう考えるとセールスの役割は非常に重要だと感じます。自信をもって良いと言えるものをお客様に提供し、同時にお客様の成長にも寄与し、さらにプロダクトや自社の成長にも貢献するのが営業職の本質だと私は思います。

 前職は代理店事業を行っていたのですが、Giveyでは自社商品であるSYNALIOを売っています。その事業形態の違いもあり、開発してくださっているエンジニアの方や関わっている様々な部署の方への想いが混ざり合っているのを感じ、商品を売ろうという気持ちだけではなく、商品開発に携わっているすべての方々への感謝も当たり前に持てるようになりました。

 そして成果を出すために、市場や商品理解を徹底しています。チャットボットの立ち位置を知ることも必要なのですが、自社商品を誰よりも把握することは大切なことだと思います。自ら何度も顧客目線で商品を運用してみることで、どこが使いやすいか、どうやって運用するべきかなどを理解することができました。そして、その経験を生かして、顧客に商品を勧める上で、お客様の立場に立って客観的に説明できる自信がつきました。

私が目指す理想の営業ウーマン

 もともと営業というものは、泥臭く数字を追う仕事というイメージがありましたが、Giveryでの営業を通して考え方が変わりました。Giveryの商品を信頼して、ツールを導入していただけることが、お客様の一部になることができ、お客様と一緒に成長ができることが大変嬉しく思います。営業は商品を売るということだけでなく、人と人とのつながりも重要だということに気づきました。

 今までの営業経験の中で、人とのつながりを感じたエピソードがあります。それは、弊社の商材を使ったO2O施策を行ったときです。お客様のサービスを利用したエンドユーザーが有名スポーツ選手のサインをもらえるというイベントをサポートさせていただいたプロジェクトでした。
我々は普段オンライン上の商品を扱っているため、クライアントのお客様の喜びを視覚的に感じることは多くはありませんが、そのイベントを開催した当日、様子を見に行くと、予想以上のお客様が来てくださっていました。「お客様と自分とで仕掛けたオンラインの施策がリアルにしっかりと反映されている」そこにいらっしゃった人たちの満面の笑みを見てそれを実感しました。あの瞬間は今でも忘れられません。

 最終的には、お客様から人として信頼され「青木さんだから買うよ」と言われるような営業ウーマンになりたいです。商材の力ではなくて、私を通してGiveryを信じてもらい、お客様の課題解決をできることになるのが目標です。

「高い志を持つ人」「高い志を持つ人を支えたい人」と働きたい

 Giveryには、自分がこれを成し遂げたいという高い志を持っている方が多いです。自分自身の志を成し遂げたいと思っている方や、高い志がある人のもとで、その人の志を達成するために、最強のフォロワーとしてジョインをしたいという方は合っていると思います。私自身は、フォロワーという立場でありますが、常に熱い志を持つ人から良い刺激を受けています。このように、Giveryにはスキルもマインドも圧倒的に成長する環境が用意されています。