ENGINEER / Givery Technology

Takayuki Oda

自分の考えや経験を惜しみなく伝えたい

「自分の考えや経験、思いを惜しみなく、何度でも伝えてくれる」
それが私の成長に大きく影響を与えた人たちの共通点でした。 また、「プロフェッショナル」として自分を甘やかすことなく仕事に向かっていることも共通しています。「プロフェッショナルとしてどう自分を成長させるか?」ということを考える機会を提供できる人になりたい。 そしてそのときに、自分の考えや経験を惜しみなく伝えられる人になりたい。それが今の私のビジョンであり、今までの人々との出会いから得られた私の軸です。 Givery では「すべての人に成長を。 Your Growth, Our Future」を企業の理念として掲げています。 そしてその理念を元に「成長を目に見える形にする CODE PROJECT」、 「成長した自分の力を成果に繋げる JPHACKS」等の土台を作っている最中で、自分は CODE PROJECT に向けたサービスの開発を進めています。 その土台を作った先にどのような仕事があるのかは正直まだ分かっていません。 ただ一つ、「成長の支援をするための、今その時に必要な仕事を探して、支援するサービスや体制を作ること」 それが今の、そして今後の自分の仕事です。

「Try&Try」エンジニアの挑戦を受け入れる環境

Givery は常にチャレンジすることに対して前向きに接してくれます。
たとえば、slack が国内では殆ど浸透していなかった時期に「開発者向けの機能が充実してるみたいだから使ってみたい」と頼んだところ「いいね!試してみようか!」と快諾してくれたということがありました。
また、「コードの管理をもっと楽にするために GitHub を使いたい」と頼んだときも、すぐに受け入れてもらえました。 それも、まだ私がインターン生だった頃の話です。気付けば今や二つとも無くてはならない重要なツールとなっていますし、最近では「自学のために、今度作る社内ツールで Scala を試したい」と言って直ぐにOKをもらえたというエピソードもあります。
このようにGivery の "Try & Try" の精神は成長を目指し、新しいことに挑戦したい人にとってストレスのない、最適な環境だと思います。

Test First/API First

Givery Technology では今、エンジニアにとって開発しやすい環境の構築を進めています。 今現在は実現できているのは
・Git を活用したコードの管理
・GitHub Issue 単位によるチケット駆動開発
・slack を用いたチーム内コミュニケーション
と、決して多くはないですが、 Test First、そして API First な開発体制の構築に向けて、着々と準備を行っています。 給与面においても、労働時間ではなくエンジニアの能力に対して応じた体系とすべく、いろいろと試行錯誤をしています。
Givery Technology はまだまだ未熟で開発しやすい環境の構築に向けて動き出したばかりです。 しかし、「開発者にとって良い環境とはなにか?」「会社として良い環境とはなにか?」 というさまざまな答えの無い問いに対して、Try & Try の精神に則り、常に皆で意見をぶつけ合いながら 成長を続けられる環境を目指しています。

未来の仲間へのメッセージ

私たちは既存の枠を越えて「こういう世界を実現したい」という志を持った人を求めています。

・エンジニアの活躍がより認められる世界
・自分たちの提供したサービスによって人々がより活き活きと生活している世界
・自分たちの仕事に誇りを持って生活できる世界
どんな世界でも、どんな規模でも構いません。個人、組織、国、そして世界。 実現したい世界を実現させるために、まずは私たちと話してみませんか?