セールス

村上 友章

豊かな世界の実現に直結する仕事

 私の仕事は、若手ITエンジニア就職支援、及びエンジニアを採用する企業の採用支援です。現在、IT人材は約17-20万人不足していると言われており、2030年には計60-80万人が不足すると言われています。このような状況で、自分たちに何ができるのだろうか。こうした問題意識から、ITエンジニアを目指す人が増え、仕事としてそこに就職する人が増えることをビジョンとして、現在は雇用のマッチングに取り組んでいます。

 ITエンジニアを目指す人たちには、自分たちの持つ技術力がどのように世の中に活きるのかを伝え、企業にはITエンジニアがどのような環境を提供すれば活躍してくれるのかを伝えています。そうすることで、ただ自分や会社のメリットのみを考えた仕事/人材選びから、自分や会社のメリットをお互いに考えた、より最適なマッチングが生まれると思っています。このような出会いは、エンジニアの成長を促し、それが結果的に世の中の事業の成長へ、そして最終的にはエンドユーザーである我々の生活の向上に繋がります。
このような信念の元、これからもITエンジニアに関わる事業を推進し続けたいと思います。

HRT(謙虚・尊敬・信頼)を土台にした組織づくり

 Giveryには、様々なバックグラウンドの仲間がおり、生い立ちから育った国まで本当に様々です。一般的に多様な人が集まると、自分だけの意見を主張してしまったり、相手を蔑んでしまったり、疑心暗鬼にとらわれることなど、コミュニティ内で問題が起きることが増えるものです。せっかく同じ目的を持って集まったにも関わらず、どこか噛み合わなくなってしまう、そんな組織もあるでしょう。

 しかしGiveryでは、HRTの精神を持てる人だけが集まっているので、こうしたすれ違いが起きません。HRTは自分のみならず仲間の本来の力を発揮することにも繋がり、ひいてはより強固な組織づくり、そして理念の実現を導いてくれています。

コンサルタントとしての仕事

 私の仕事は、対学生と対企業の2つに分かれています。対学生での仕事は、一緒にアイデアを考え、ソフトウェアという形にするためのイベントの企画運営や、IT業界・プロダクト・技術・企業など様々な事柄に対しての情報共有、どんな企業に就職することが良いかを話すことが主です。

 対企業での仕事は、①各社ごとに合った、ITエンジニアが働きやすい環境を考え提案すること ②会社の魅力をどのように表現し、学生に伝えるのがベストかを検証すること ③各学生の持つ魅力を最大限に引き出し、納得のいく採用活動はどういったものかを考え提案することです。

 仕事をする上では、相手の表層的な言動にとらわれず、その言葉の背景にどのような考えが存在するのかを理解することや、本当にその考えがベストな解なのか、本人や企業も気付いていない、さらにより良い解がないかを追求するということを心がけています。

 このような目線に立って接することで、相手にとってのベストな決断をサポートをするという役割を全うできると思っています。

「誰かのために働きたい」という人と働きたい

Give&Giveという言葉にある通り、常に人々に何かを与え続けることが、より豊かな社会を形成することに繋がると信じています。今は手軽に情報を得たり、モノを手にすることができるようになり、欲を満たすことが簡単に出来るような社会になっています。
しかし、それらが実現しているのは、誰かの強固な思いが必ず存在しているからであり、これを忘れてはいけません。常に「誰かのために」を思って、事業活動をしていく存在が必要です。


 Giveryには、そのような誰かのために活動してくことを誇りに思って、日々仕事に取り組んでいる仲間が大勢います。少しでも誰かのために働きたいという思いで仕事を探しているようでしたら、ぜひご応募ください。Giveryには人への思いに溢れた多くの事業があります。