日本経済新聞(2015年8月10日号)にて、就活を楽しくするアプリ「attache」が紹介されました

MEDIA / 2015.08.10

「日本経済新聞」2015年8月10日号の10面にて、就活を楽しくするアプリ「attache(アタッシュ)」が紹介されました。

内定辞退対策、中小を支援
アプリ開発のギブリー(東京・渋谷、井手高志社長)は現在、学生と企業が履歴書のやりとりなどをできるアプリを提供しているが、12月に交流サイト(SNS)機能を追加。企業が社員や普段の社内の様子などを投稿して、学生に自社の魅力をアピールできるようにする。就活解禁となる16年3月をメドに200社の参加を目指す。
(本文より抜粋)

日本経済新聞(日本経済新聞社)
2015年8月10日(月)