CNET Japanにて、ギブリー新田のインタビューが掲載されました

MEDIA / 2015.01.06

「CNET Japan」にて、JPHACKSの運営を務めたギブリー新田のインタビューが掲載されました。

アイデア優先でなく「技術ドリブン」で世界に通用する技術者を育てたい–JPHACKSの木戸氏、新田氏
新田氏 エンジニアはプログラムを書く人というイメージが強いですが、いまではサービスやAPIを組み合わせることで、ある程度誰でもアプリを作れるようになっています。いままでのエンジニアとは違う概念スキルセットやマインドを持った開発者が多くなってきました。環境を活用して社会の問題をITの力で解決できることは重要です。一方で、真のエンジニアは技術を追究できることだと思います。

–JPHACKSの今後は。

新田氏 今後も継続していく予定です。ギブリーもサポートを続けていき、たくさんのエンジニアが評価されて世界に出て行けたらいいと思います。そのためにアプリの版権は参加者に帰属するようにしています。今後も成長を応援してきます。
(本文より抜粋)

CNET Japan
2014年12月29日(月)