企業とエンジニアの最適なマッチングを実現する「codecheck」が、第5回「日本HRチャレンジ大賞」奨励賞を受賞

NEWS / 2016.04.12

アプリケーション開発を手掛ける株式会社ギブリー(本社:東京都渋谷区 / 代表:井手高志)は、オンラインスキルチェックツール「codecheck(コードチェック)」開発・運営の取り組みにより、「第5回 日本HRチャレンジ大賞」の奨励賞を受賞しました。

受賞理由

今企業が求めているITスキルを試験化し、エンジニアの開発実践力を問うことで受験者の実務スキルを総合的に判断できることから、求職者と企業のアンマッチングを防止し、開発者が活躍するための文化の醸成に貢献することが評価されました。
(公式サイトより引用)

取り組み概要

ギブリーが開発した「codecheck」は、各企業が今求めているスキルを試験化し、エンジニアの開発実践力を問うプラットフォームです。

企業はアルゴリズム問題だけではなく、Webアプリ開発、ゲーム、チューニングやデバッグなど、多彩な試験問題を作成できます。また、弊社が提供しているオープンソースで仮想環境を構築できるため、受験者は使い慣れたPC、エディタなど自身の開発環境で試験を受けることができます。

近年ではエンジニアの採用においてコード採用、GitHub採用などを導入する企業は増えていますが、codecheckを使うことで「受験者は自身の開発環境で受験し、開発実践力を伝えられる」「企業側が試験を作成することで独自の技術文化を伝えられる」というメリットがあります。

公式サイト: https://code-check.io/

実績・成果

まずは自社で、求職者に対してcodecheck上で試験を受けてもらうという選考フローを導入。結果として、海外出身のエンジニア5名の採用につながりました。

また、2016年2月1日から1ヶ月間、codecheckを使ったオンラインでのプログラミングコンテスト「SPRINT」を開催したところ、理念に共感いただいた企業10社に、レビュアーとして現役エンジニアをアサインいただきました。

日本HRチャレンジ大賞とは

日本社会の活性化促進を目的に、人材領域で優れた新しい取り組みを積極的に行っている企業を表彰するアワードです。

主催:「日本HRチャレンジ大賞」実行委員会
後援:株式会社東洋経済新報社、株式会社ビジネスパブリッシング、ProFuture株式会社
公式サイト:http://www.hrpro.co.jp/challenge.php

本件に関するお問い合わせ

株式会社ギブリー https://givery.co.jp/
〒150-0036 東京都渋谷区南平台町15-13 帝都渋谷ビル8F
Tel: 03-5489-7188 / Mail: press@givery.co.jp (担当:高橋)

Giveryでは、ITとリアルの両軸で、お客様の「成長」を支援するさまざまな事業を展開しています。

テクノロジー事業部では、オンラインでプログラミングを学ぶことができる学習サービス「CODEPREP」などを開発しながら、東京大学主催の「JPHACKS」などハッカソンの企画・運営代行も積極的に行なっています。