お客様とリアルタイムなコミュニケーションによって購入を促す、対話型WEB接客ツール『SYNALIO』(シナリオ)の提供を開始

PRESS / 2017.11.08

2017年11月8日、株式会社ギブリー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:井手 高志、以下ギブリー)は、チャットbotを活用した対話型WEB接客ツール『SYNALIO』(シナリオ)の提供を開始しました。

『SYNALIO』(シナリオ) https://synal.io
 

『SYNALIO』(シナリオ)とは

設計した戦略シナリオを利用し、お客様と会話をすることで、最適な情報や商品を提案する対話型WEB接客ツールです。ニーズや状況に応じた、リアルタイムの応答によりOne to One のコミュニケーションを実現し、顧客エンゲージメント向上をはかります。

スマートフォンの普及により、誰もが思いついた時に欲しい情報を瞬時に手に入れることが可能になりました。それと同時に、私たちの生活は様々な情報に溢れ、日常的に情報の取捨選択をしなくてはならなくなっています。例えば、私たちが利用するECサイトにはたくさんの商品があります。そのたくさんの商品の中から、お客様は自分自身で、欲しい商品を探して購入の意思決定をしなくてはなりません。お客様自身が探したその商品は、本当にそのお客様に最適な商品だったのでしょうか。

モノや情報が溢れているからこそ、お客様が「自身で情報を選ぶ」スタイルから「ご提案した情報を選んでいただく」スタイルが求められていると考え、『SYNALIO』(シナリオ)をリリースする運びとなりました。

 

『SYNALIO』(シナリオ)でできること

  1. 自動応答機能

サイトに訪れるお客様は様々なニーズを持っています。それぞれのニーズごとにシナリオを複数設置することで、最適なストーリーや自然な会話を展開。お客様をスムーズに意思決定へ導きます。

  1. 各種プラットフォーム対応

ウェブサイトはもちろんのこと、LINE@やMessengerといった生活に欠かせないプラットフォームでの配信が可能です。接客内容の管理は、一元化を実現しました。ストレスなく簡単に、お客様の環境に合わせた接客が可能になります。

  1. 有人対応/追客機能

「名前が分からないお客様」も「常連のお客様」も、一度接客を行ったお客様に対して行動追跡が可能です。プッシュ通知を活用し、適切なタイミングを逃すことなくお客様へ話しかけることができます。

  1. ログ解析

「誰と」「どのような会話をしたか」を分析することができます。個別ログやシナリオの履歴の閲覧はもちろん、Google Analyticsと連携することで、『SYNALIO』(シナリオ)を通じた購入数や申込数の把握も可能です。

 

ギブリーについて

ギブリーは「すべての人に成長を」を理念に掲げ、「成長支援事業」を展開しています。主に、エンジニア領域に特化したHR tech事業、デジタルマーケティング事業、ライフスタイル事業の3本を事業の柱としています。
『SYNALIO』(シナリオ)を提供しているマーケティングコミュニケーション事業部は、「Re: Marketing Team」をミッションとし、ウェブ接客ツール『SYNALIO』(シナリオ)の開発および提供や、LINE@を中心としたSNSマーケティング支援などを行なっています。ツール提供にとどまることなく、「顧客エンゲージメントを⾼める」をキーワードに顧客育成から新規企画⽴案まで、デジタルマーケティング領域でのソリューションを展開しています。

 

会社概要

社名   :株式会社ギブリー
所在地  :東京都渋谷区南平台町15-13 帝都渋谷ビル8階
代表者  :井手 高志
設立   :2009年4月28日
資本金  :10,000,000円
事業内容 :HR tech事業
デジタルマーケティング事業
ライフスタイル事業

 

本リリースに関するお問い合わせ

株式会社ギブリー https://givery.co.jp/
〒150-0036 東京都渋谷区南平台町15-13 帝都渋谷ビル8F
Tel: 03-5489-7188(広報担当:吉田) / Mail: press@givery.co.jp