PRESS / 2018.07.03

LINE@に設置したチャットボットの会話データによってセグメント配信が可能に!チャットボット型マーケティングツール「SYNALIO」が機能追加!

株式会社ギブリー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:井手 高志、以下ギブリー)が提供する チャットボット型マーケティングツール『SYNALIO』は、LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛)が提供する店舗・企業向けのLINEアカウントである「LINE@(ラインアット)」内で、設置したチャットボットとお客様との会話内容をもとにセグメンテーションを行い、設定したセグメントごとにメッセージを配信できる機能を追加しました。

■SYNALIOを使用したLINE@内でのセグメント配信機能とは
「SYNALIO(シナリオ)」の直感的に操作可能なシナリオエディタを使用することで、誰でも簡単にチャットボットをLINE@内に設置することがでます。そして設置したチャットボットとの会話内容をもとに、お客様をセグメント分けすることができ、分けられたセグメントごとに最適なコンテンツを配信することが可能となりました。

■Webサイトで離脱してしまった匿名顧客に対してもLINE@を活用した精度の高いナーチャリング施策によってコンバージョン率向上に貢献
LINE@では「友だち追加」機能によって、リード情報(メールアドレスを含む個人情報)獲得前のサイト訪問者に対してもアプローチすることが可能です。
更に、LINE@内に設置したチャットボットとの「会話データ*」をもとに分けたセグメントに対して最適なコンテンツを配信することで、属性データのみでは実現できない、顧客の特性に合わせたターゲティングで、態度変容を促す適切なナーチャリング施策を設計でき、コンバージョン率の向上に繋げます。

「会話データ*」:SYNALIOのチャットボットとチャット利用者の会話履歴を元にしたデータ

————————————————————————————–
■LINE@とは
LINE@は、ビジネスや情報発信に活用できる事業者向けのLINEアカウントです。企業、ブランド、商品の魅力をユーザーに発信するための様々な機能が備わっています。
「LINE@」https://at.line.me/jp/

————————————————————————————–
■SYNALIO について
SYNALIO(シナリオ)は、コンバージョン率向上を目的とした「チャットボット型マーケティングツール」です。
“チャットボット”と“名前がわからないサイト訪問者”との会話内容が取得でき、会話データを用いて「何に興味関心を持っているのか」をベースに自動でセグメント化することが可能です。
このセグメントに合わせて「ポップアップ」を出したり、専用にカスタマイズされた「チャットボット」を設置しナーチャリングすることで、コンバージョン率の向上につなげます。
「SYNALIO」https://synal.io

————————————————————————————–
■ギブリーについて
ギブリーは「すべての人に成長を」を理念に掲げ、「成長支援事業」を展開しています。
主に、エンジニア領域に特化したHR Tech事業、デジタルマーケティング事業、ライフスタイル事業の3本を事業の柱としています。
https://givery.co.jp/

■会社概要
社名   :株式会社ギブリー
所在地  :東京都渋谷区南平台町15-13 帝都渋谷ビル8階
代表者  :井手 高志
設立   :2009年4月28日
資本金  :10,000,000円
事業内容 :デジタルマーケティング事業
HR Tech事業
ライフスタイル事業

本リリースに関するお問い合わせ
株式会社ギブリー https://givery.co.jp/
〒150-0036 東京都渋谷区南平台町15-13 帝都渋谷ビル8F
Tel: 03-5489-7188(サービス担当:大熊 広報担当:濱) / Mail: press@givery.co.jp