PRESS / 2021.04.20

ギブリーのAIチャットボット製品(PEP、SYNALIO、LIBERO)がrinnaと技術面・販売面で提携開始。 ~自由に雑談するAIエンジンによりユーザーリレーションの向上を実現~

業務自動化チャットボット『PEP』(ペップ)、チャットボット型オンライン接客ツール『SYNALIO』(シナリオ)、企業のLINE公式アカウント運用ツール「LIBERO」を提供する株式会社ギブリー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:井手 高志、以下ギブリー)は、ディープラーニング技術を活用し、AIが文脈に応じた会話文を自動生成して人間と自然に会話する「共感チャットモデル」、AIが話し声や歌声で豊かに感情を表現できるようにする「音声合成システム」などの技術を提供するrinna株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:ジャン“クリフ”チェン、以下、rinna)とAIチャットボットの開発と企業への販売において協業を開始します。

本提携により、AIチャットボットの課題である「想定されない質問に返答できない」というケースがなくなるため、これまでにないユーザーとのリレーション形成・UXを提供可能になります。

 

■協業の内容

rinnaは、会話内容や音声表現をカスタマイズしてキャラクター性を持たせたAIチャットボット(AIキャラクター)を開発できる同社のプラットフォーム製品「Rinna Character Platform」を、ギブリーの各種チャットボット技術をベースに開発された製品PEP、SYNALIO、LIBEROに提供します。

ギブリーは、Rinna Character Platform上でrinnaのAIチャットエンジンを使い、PEP、SYNALIO、LIBEROのチャットボットに自由会話をする能力を付与します。また、ギブリーはrinnaのISV(Independent Software Vendor 独立系ソフトウェアベンダ)パートナーとして、RCPのデフォルトAIキャラクターをPEP、SYNALIO、LIBEROに組み込み、企業ユーザーに販売します。

rinnaは、AIチャットエンジンを使った自由会話能力の実装、AIキャラクターの組み込みにおいて、ギブリーに技術協力します。

 

図1: Rinna Character Platformと、PEP、SYNALIO、LIBEROの連携

 

■今後の展開

rinnaは、Rinna Character Platform のISVパートナープログラムとして、デフォルトAIキャラクターをパートナー製品に組み込んで顧客に提供する「AI Assistant」プランと、単一顧客向けに開発したオリジナルのAIキャラクターをパートナー製品に組み込んで顧客に提供する「AI Character」プランの2形態を用意しています。

今回のギブリーは、AI Assistantプランの形態で協業をスタートし、今後AI Characterプランの形態へも協業範囲を拡大していく予定です。

図2:Rinna Character Platform のISVパートナープログラム

■rinna様からのコメント

ギブリー様と協業させて頂けますこと、大変嬉しく存じます。

タスク志向型チャットボットを複数領域で展開するギブリー様と、ユーザーとのリレーション構築を得意とする雑談AIのrinnaの協業は、人とAIのコミュニケーションに相乗効果をもたらします。この協業により、ユーザー様が話かけたくなるAIキャラクターを皆さまにご提供できる運びとなりました。

今後、技術的・事業的連携を深め、仕事やプライベートの日常で、AIキャラクターと当たり前にコミュニケーションを取り合う世界の実現に寄与して参ります。

rinna株式会社  最高事業責任者 兼 事業開発部長 佐々木莉英

 

■PEP(ペップ)について

PEPは、繁雑な業務上の問い合わせ応対を自動化し、組織内コミュニケーションの生産性向上を図るチャットボット・バーチャルアシスタント作成ツールです。
これまで社内ヘルプデスクに多大な工数/コストをかけていた間接部門側はもちろんのこと、「問い合わせへの回答を待たないとアクションが起こせない」「心理的に簡単な質問を人に聞きづらくそのままにしていた」といった社員側のコスト/工数/負担の削減にも寄与いたします。

https://pep.work/

 

■SYNALIO(シナリオ)について

Webサイトや各プラットフォームにチャットボットを設置し、サイト訪問者や利用者との会話から得られる「なぜ興味があるのか?」といった会話データと、サイトの閲覧履歴や流入経路などから「何に興味があるのか?」といった行動データを組み合わせた「ユーザーデータ」を分析、活用することで、全てのサイト訪問者を見える化し、1人1人にパーソナライズされたコミュニケーションの提供が可能です。

https://synal.io

 

■LIBERO(リベロ)について

LIBERO(リベロ)は、LINE公式アカウントの運用ツールです。
自社のLINEアカウントで接客サービスのような上質な顧客体験をご提供します。インサイトの可視化や1to1接客、顧客管理などさまざまな機能・サービスをご用意。1,000社以上の運用実績とコンサルタントによる万全なサポート体制を整えています。

https://libero-app.com/


株式会社ギブリーについて

ギブリーは「すべての人に成長を」を理念に掲げ、「成長支援事業」を展開しています。主に、DX事業、Conversation Tech事業、HR Tech事業の3本を事業の柱としています。
https://givery.co.jp

 

【会社概要】

■株式会社ギブリー

所在地:東京都渋谷区南平台町15-13 帝都渋谷ビル8F
設立年月日:2009年4月28日
代表取締役: 井手高志
Webサイト: https://givery.co.jp/
業務内容:DX事業、Conversation Tech事業、HR Tech 事業

 

■rinna株式会社

所在地:東京都渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクウェア39F WeWork
設立年月日:2020年6月17日
代表取締役:ジャン“クリフ”チェン
Webサイト:https://corp.rinna.co.jp/
業務内容:AIサービスの研究・企画・開発・運営・販売

 

——————

本リリースに関するお問い合わせ

株式会社ギブリー https://givery.co.jp/
〒150-0036 東京都渋谷区南平台町15-13 帝都渋谷ビル8F
Tel: 03-6277-5463( 広報担当:山川) / Mail: press@givery.co.jp