Lead Engineer / Product Team

少数精鋭のチームで一緒にScalaを使って暴れたい開発リード

プログラミングスキルチェックツール「codecheck」のプロジェクトをリードしてくれるScala(これから使いたいでも可)エンジニアを募集します。

codecheckについて
「codecheck」は、2016年2月にサービスローンチした、人事担当者向けのプログラミングスキルチェックツールです。 これまで採用を司る人事担当者は、求職者を採用する上で自社に合っているかどうかを測るために、 履歴書チェック、面接の複数回実施、適正検査などを活用して採用フローを設計してきました。 しかし、近年エンジニアの領域においてはそれらのツールの導入だけではプログラミングの実践力が見極められているわけではなく、 入社してからスキルのミスマッチが発覚してエンジニアチームに工数が取られてしまったり、 教育に時間がかかってしまったり、素養がなく数ヶ月で辞めていってしまったりということが起こりがちです。 そこで、弊社が開発したのが、codecheckというサービスです。 codecheckは、オンラインで提供されているプログラミングスキルチェックツールであり、人事担当者でもエンジニアの求職者のスキルを簡単に判別できるプログラミングテスト(アルゴリズム、サーバー、フロント、APIなどのカテゴリを用意)を提供しています。 リリースから1年満たないうちに、すでに大手企業から注目を集めており、NTTコミュニケーションズやLINE、朝日新聞社、ワークスアプリケーションズなど多くの企業に導入されています。 最近では、Infinity Ventures Summit 2016 KyotoのLaunchPadにも出場し、経営者・投資家から注目を集めました。

導入事例
・朝日新聞:http://www.asahi.com/shimbun/apc2016.html
・LINE:http://line-hr.jp/archives/48719074.html

働く魅力】
・アジャイル開発導入
・オープンソースコミュニティで活動するエンジニアが多数
・国際色豊か/多様性を重視した環境
・スタートアップカルチャーがある
・Scalaを仕事として使える

具体的な仕事内容
すでに年間導入いただいている企業さまとともに、 codecheckがより使いやすいサービスになるよう、開発チームのパフォーマンスを最大にすることが 今回募集するプロジェクトリードのミッションです。 現在、平均年齢26-27のチームとなっており、やる気はありますが、 経験不足であることが課題となっています。 プロジェクト開発経験、複数のプロジェクトでのアジャイル開発経験のあるエンジニアに入っていただくことで、 チームのパフォーマンス最大化 -> 顧客への価値最大化 を目指していただきます。

ご応募はWantedlyから