Givery. Since 2009.

PHILOSOPHY

Your Growth, Our Future

{ すべての人に成長を }

なぜ人は成長しなければいけないのでしょうか。なぜ人は学業に励み、知識を身に付けるのでしょうか。
私たちは「社会に付加価値を提供するため」だと考えております。
社会活動(仕事)を通じて、クライアント・ユーザー・所属組織など、自分以外の人に価値を提供することで、人々は対価を得ます。
Giveryは「すべての人に成長を」を理念に掲げ、社会を豊かにする人のための成長エコシステムを創る「成長支援事業」を展開することによって、社会に貢献してまいります。

IDENTITY

社名の「Givery」は「Give」と「Very」を組み合わせたもので、行動指針として定めている“Give & Give”の精神を表しています。
また、シンボルマークは「成長を支援する」という企業理念を象徴したものです。ブルーのグラデーションは 「成長」や「IT」を、オレンジのグラデーションは「支援」や「リアル(現場)」のイメージを表現しています。
「Give & Give」の精神で皆様の成長を支援すると同時に、私たちも成長し続けていくという強い決意が込められています。

COMPANY PROFILE

会社名
株式会社ギブリー (Givery, Inc.)
所在地
〒150-0036
東京都渋谷区南平台町15-13 帝都渋谷ビル8F [アプリで見る]
TEL 03-5489-7188 / FAX 03-5489-7189
設立
2009年4月28日
決算期
3月
役員
代表取締役社長 井手高志
取締役 新田章太
取締役 山川雄志
取締役CTO 池田秀行
取締役 奥田栄司
技術顧問
竹内郁雄
事業内容
  • HR Tech 事業(track/codesprint/CODEPREP)
  • Conversation Tech 事業(SYNALIO/PEP)
  • Incubation 事業(お墓探しナビ/治療家ナビ)
許可
厚生労働大臣許可番号
有料職業紹介事業 (13-ユ-306643)
グループ会社
加盟団体
JWSDA (一般社団法人 日本Webソリューションデザイン協会)理事
従業員数
50名 (契約社員、アルバイトを含む ※2017年4月現在)
主要取引銀行
三井住友銀行

OFFICER PROFILE

代表取締役社長
井手 高志(Takashi Ide)

北海道江別市出身。10代より北海道すすきのや、東京築地の有名鮨屋で修行、元鮨職人という異色の経歴をもつ。営業代理店を経て2005年株式会社GMS(現:株式会社gloops)を創業、取締役に就任し、インターネットマーケティング事業やメディア事業を統括。2009年株式会社ギブリー創業、代表取締役に就任。

取締役CTO
池田 秀行(Hideyuki Ikeda)

2001年に東京工業大学大学院物性物理学専攻を修了後、株式会社日本総合研究所入社に入社。エンジニアとしてのキャリアを経た後に株式会社GMS(現gloops)に入社、同社取締役CTO・そして2013年6月には同社の代表取締役社長に就任。2017年4月に同社を退社後、600名規模の経営及び組織マネジメントを推進していく中で「エンジニア組織の構築や生産性向上」の重要性を感じ、「Empowering Engineers」のビジョンに共感し株式会社ギブリーにジョイン。同社のCTOに就任。

取締役
山川 雄志(Yushi Yamakawa)

1985年生まれ。中央大学在学中に学生起業し、採用支援事業や学生向け広告事業を展開。2008年同大学卒業。2009年株式会社ギブリー創業、取締役に就任。現在の各事業のベースとなる事業開発、セールス、採用業務等を担う。現在はテクノロジーを活かした新規事業立ち上げ、全社に係るセールス組織立ち上げ、採用、教育研修等幅広く管掌する。

取締役
新田 章太(Shota Nitta)

2012年3月に筑波大学理工学群社会工学類経営工学専攻卒業。学生インターンシップ時代に「エンジニア」領域に特化した支援事業を株式会社ギブリーにて立ち上げ、入社。現在は取締役を務める。オンラインプログラミング学習・試験ツール等の自社サービスを立ち上げ、同社のHR tech部門を管掌。また、日本最大規模の学生ハックイベント、JPHACKSの組織委員会幹事を務めるなど、若い世代のイノベーターの発掘・支援にも取り組んでいる。

取締役
奥田 栄司(Eiji Okuda)

大手シンクタンクにて、10年に渡り大手企業のシステム企画から開発、運用までを経験。
その後渡米し、日系企業向けITコンサルタントとして従事。
帰国後は、株式会社gloopsの海外事業責任者として、ベトナム子会社の立上げ、韓国事業の推進を行う。
2016年株式会社Resola創業、代表取締役社長に就任。AIや自然言語処理を使ったプロダクト、サービスの開発に従事。

執行役員
大熊 勇樹(Yuuki Okuma)

1983年生まれ。2017年から株式会社ギブリー執行役員およびマーケティングコミュニケーション事業部長を務める。
新規事業開発、商材開発を得意とし、ゼロからWEB接客ツール【SYNALIO(シナリオ)】開発の指揮を取る。 また、WEBサイトの設計~構築、UIやUXといった分野においても深い造詣を持ち、東京インターナショナルプレミアム・インセンティブショー、国際OEM・PB開発展など登壇実績も多数。

執行役員
山根 淳平(Jumpei Yamane)

1989年生まれ。2012年中央大学商学部卒。株式会社ギブリーに新卒として入社し、HRTech事業の立ち上げに参画。ハッカソンやアイデアソン、プログラミングコンテストなど、エンジニアが集まる場づくりを、年間100社以上のIT・通信・メーカー企業等に提供し、採用や育成を支援する。2017年執行役員就任。現在は、エンジニア評価を支援するためのプログラミングスキルチェックツール「track」のプロダクトオーナーを務める。登壇歴としてSF JAPAN Night2013、Infinity Ventures Summit 2016 Kyoto(LaunchPad)など。

執行役員
吉田 将輝(Masaki Yoshida)

1989年生まれ。マクドナルドでのアルバイトを機にマーケティングに関心を持ち、大学で専攻。大学卒業後、老舗リサーチ会社に入社し、マーケティングリサーチャーとしてのキャリアをスタート。消費財メーカーを中心に、商品開発やブランド戦略などに携わる。2014年、マーケティングリサーチのOEM事業を行う、株式会社アレンジベースを創業し、代表取締役COOに就任。その後、2016年に株式会社ギブリーにジョイン。2017年1月に執行役員に就任。現在は、事業部横断型のマーケティング組織を統括し、マーケティングと経営企画の責任者を務める。

監査役
川下 勝也(Katsuya Kawashita)

筑波大学情報学類卒。野村證券、Citibank.を経て、2000年に株式会社ドワンゴに入社。
管理部門の責任者として、2003年東証マザーズに上場、翌年東証一部へ上場を果たす。
2009年からは株式会社ニトリにて業務改革を経験後、2011年コンサルティング事務所を開設。
個人事業と並行して、再招聘された株式会社ドワンゴでモバイル事業を統括。また、モバイル関連最大の業界団体である一般社団法人モバイル・コンテンツ・フォーラムの代表理事として、モバイル業界発展のために尽力。株式会社テコテック代表取締役社長に就任。2017年株式会社ギブリー監査役就任。